ヴァイオリンコンサート

阿寒摩周国立公園名称変更記念、天満敦子ヴァイオリンコンサートなるものにお誘いいただいたので、弟子屈にある釧路圏摩周観光文化センターまで来てみた。

かなりの強風だったので、軽装の我が組はこの敷地内にある5カ所のポケストップ&ジムをまわるのは断念し、さっそく中に。

開場時間あたりに到着したのだけれど、ぞくぞくとお客さんが受付を通って会場の中へ。

場内は撮影禁止だったので、雰囲気は文章で……伝えられません!

天満氏は、音楽の分野で数々の賞を受賞された方。あのストラディバリウスでの演奏で、前半はクラシック音楽を表現豊かに、後半は日本の曲を多彩な演奏で、そしてトークもいろいろおりまぜ楽しませてくれた。

気がつけば、ヴァイオリンのソロで飽きずに聴けるのかという心配なぞ無用の2時間の公演でした。

しかし演奏中、外の風の音が響いて来ていたのにはびっくりした。
今年の冬はどうなるのだろ。

そういえば、道の駅摩周温泉で。

組長のツボに微妙にはいった『100%俺の肉』という言葉。そのエゾジカジャーキーなんだけれど、

これってアキレス腱を乾燥させてたのね。
アキレス腱って何となくかみ応え良さそうだけれど、どうなんだろ。

ちなみにエゾジカジャーキーは「犬用だ」と書かれているのだけれど、この隣にあるのは、わんちゃん・ねこちゃんのおやつシリーズとかかれた野菜クラッカーらしい。

ちなみに組員は肉食系。鹿肉ジャーキーあればハッピーライフなヤツです。

な。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。