RESTAVRANT GVSTORA

釧路市愛国東にあるフランス料理のお店、ガストーラに。看板に RESTAVRANT GVSTORA とある、見ながらでないと書けなさそうなこのスペルはバスク語。

雰囲気でレストランだとわかるけれど、バスク地方はシェフが修行した場所のひとつ。いろんな意味がこめられているみたい。

さて今回は、プリフィクス(選択)コース(1800円)から、2人でバラバラになるように選択。

今回の自家製パンはこんな感じ。

前菜は、網走ワカサギのエスカベッシュ。揚げたワカサギと野菜のマリネのような感じで、お酒をオーダーしたくなる。

徳島カリフラワーの温製紅玉りんごのビネグレットは、イメージしたものとまったく違っておどろき。

主菜は、相変わらずイイ感じのタラの焼き具合はもちろん、見た目にも組み合わせにも楽しい、釧路産タラのポワレ ちぢみホウレン草ソースに、

いわゆるフランス風ロールキャベツに荒々しいクレソンが添えられた和寒 寒玉キャベツのシューファルシ。

そんな主菜のソースを余すことなくいただくために、自家製パンのおかわりなんかを(重要!)。

食後のコーヒーに

別海産マスカルポーネと古式原糖のアイスクリームとおこっぺ産ヨーグルト(500円)をつけてみた。

季節によって、いろいろと品が変わるので、何度も立ち寄れるなら立ち寄りたいところ。

ああ、つぎはいつ頃になるだろうなあ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。