北見のスープカレー、ドロッピン

ひさしぶりに北見でランチをしてみようということで、行き先はどうしようと考えたのも束の間。

麺屋 創介に行った時に気になってたスープカレーのお店、drop-in (ドロッピン)が思い浮かび、そこに即決定。
激混みそうだったから、はやめに来てみたものの、1階にある創介も人気店のためか駐車場は満車どころか車を駐める所ではない場所にまで駐車されていてカオスな状態。
しかもオープン10分程度では甘かったらしく、お店もすでに満席で席が空いたら電話をいただくことに。

ということで、隣のこのリサイクルショップに立ち寄り。

ここは何だか物欲を刺激されるところらしく、誘惑に負けそうになると、ほかの者が止めるの繰り返し。

我が組には危険な場所です。

とかなんとかしているうちに、席ができたみたいなので2階のこちらの扉から

入店。

人気店だしスープカレーだから、もうちょっとびっしり席があるのかと思いきや、比較的ゆったりしている印象。

オーダーは8種類+本日おすすめのメイン食材を選んで、辛さを52段階、ライスを4段階、スープを4種類+1から選び、必要であればスープの量と追加のトッピング、それにライスのおかわりを選択するスタイル。

それだけで、かなりのバリエーションですが、今回は入り口にあった本日おすすめのこちら。

チキンと野菜の焙煎えびスープカリー(1120円)

と、12種の山盛り野菜のスープカレーと行きたかったのだけれど、それが売り切れで、やわらかチキンと野菜のまろやかココナッツスープカレーをチョイス(1080円)。

どちらもライスは並(200g)、辛さは追加料金なしの大辛(10番)。

食後に黒ミツきな粉バニラ(120円)

スープカレーは、スパイスの香りと味が前面に来ながらも、スープのベースもしっかり感じられ、選んだ辛さが10番だし辛いのにも関わらず、ライスなしでもどんどん行けちゃう。

具も野菜はイイ感じだし、チキンもやわらかく味があるし、スープ自体の量もたっぷりあって、完食したら我が組にはおなかいっぱい。

バニラは、何かの手違いかこれが120円?とおもう量だけれど、黒ミツときな粉と胡麻っぽい何かがアイスとマッチしてる感じ。

食べている間にも、どんどんお客さんが来ても入れず帰っていったり、待っていたりするし、営業時間が11時30分から15時でスープがなくなり次第終了みたいなスタイルだけれど、なんとなく食べてみて全て納得という感じのお店でした。

次は12種の山盛り野菜のスープカレーとかトッピングに挑戦してみたいな〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。