喫茶ボロンジ in 川湯エコミュージアムセンター

普段は17時までしか営業していないこの時期の川湯エコミュージアムセンターを訪れるために、川湯温泉街に来た我が組。

理由はコチラ。

喫茶ボロンジ in 川湯エコミュージアムセンターという期間限定カフェが9月22日〜24日にだけ出現していて、さらにそのうち23日だけはナイトミュージアムと称して Cafe & Bar 営業が行われてるというので、狙って来てみたわけです。

川湯に出現した限定カフェ、Cafe 774(仮)

ちなみにここには前回、Cafe 774(仮)というお店が出現していたのだけれど今回は釧路にある喫茶ボロンジが現れたというわけ。

もちろん施設自体もナイトモードで

19時30分からはアカエゾマツの森ナイトハイクという夜の森を歩くイベントも開催。

そちらも気になるけれど、今回は Cafe & Bar でゆっくりしようということで2階に。

カウンターにはお酒も。

ショーケースには、川湯の風月堂や森のホールのスイーツと、ボロンジのサンドイッチ(3種類!)やガトーショコラ等イロイロ並んでいるのだけれど、昼の営業で売り切れたものもあったみたい。ざんねーん……とおもったけれど、思ったより残っていて、ひそかによろこんでいる組長。

そんな中からコカ・コーラ(300円)に

えびアボカドサンド(350円)とチキンサラダサンド(300円)。

あとは、カップにたっぷりの柿ピー(300円)と

アルコールもということでハイボール(500円)を。

さーて、のんびりと飲むかーと思ったら、みんな同じことを考えていたのか、あっという間に満席。知っている人も続々登場で、のんびりが一転わいわいに!

追加で、ガトーショコラ(400円)なんかもオーダーしたり。

ちなみに、森のホール特製 牛のおっぱいミルク使用のなめらかプリンも、ボロンジアレンジのホイップクリームつき(350円)となって、こんな感じに。

バーカウンターもそれらしくなって、いい感じに。

ところで、こういう形式でお店を運営しているのは、施設の運営者がいろいろ可能性を探っているからみたいで、いろんな反応などから運営方法を決めていくみたい。

さて、この場所がどういう方法で活用されるのか?!

たのしみ!

ちなみに3種類あったサンドイッチのもうひとつ、フルーツサンド(350円)も当然ゲット。
帰ってからのおたのしみとなりましたとさっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。