祭りでみた、あたらしいものとか。

屋台が並んでる弟子屈神社例大祭。今年もちょっとのぞきに来てみた。

賑わいはあるけれど、また少し屋台の数が減ったような気もする屋台のあるこの通り。でもまあ道東だと規模の大小こそあるけれど、だいたいそんな流れのはず。

と、さっそく点滴ソーダなる、なぞののぼりに釣られる組長。

インスタばえとはっきり書かれた、ここは電球ソーダの屋台。どうやら点滴の袋に入ったソーダがいただけるようですが、組長的には驚けたのでおっけーということで、さらっと流して境内の方に。

タイミングよく鐺別獅子舞が。

これから奉納する様子。

物語があるみたいなのだけれど、毎年、これを誰かに聞こうと思いながら忘れるのだよな。

御輿の準備も行われているようですが、果たして北響太鼓も来るのかな。

ちょっと例大祭カラオケ歌謡ショーなんかも見物したあとは、お祭りのお楽しみ、屋台めぐり。

一通り見てからビールのつまみを買って帰ろうと思い、端まで歩いてみたら、なぞの一角が。

どうやら大道芸人のようで、これから集めますよ〜と観客を巻き込みながらの人寄せ工作が功を奏して、どこからともなく人が集まり、気がつけばこの状態。

慣れてるのかゼロからここまで持っていくのもすごいけど、観客もノリがいいのか、特別誘導することなく囲いギリギリまで集まる形に。

音楽をあやつりつつ、芸と軽妙なトーク、それに身のこなし、大道芸で観客を沸かせたあとは、

ストーリー性のある芸の披露で締め、おひねりもうまく要求されてしまい、みなさんついつい……我が組もついつい……

さすがプロ。夢民(むーみん)という方らしく、今回、北海道を回りこれからさらにいろいろなところに行ったあと、川湯神社の祭りに戻ってくるみたい。

さて、楽しんだあとはつまみだということで、結局今回はコレ。

アメリカンドッグのような生地の中にソーセージではさんだチーズがはいっている、チーズハットグという食べ物らしく、

シュガーパウダーをかけてもらうなら、きな粉シュガーかココナッツシュガー、あとはマスタードとケチャップをどうするか決めて作ってもらうというシステム。

韓国発のたべものらしい。
はじめてみたわぁ。

翌日はパレードにも遭遇。

パレードの一団は賑やかに練り歩いて天気がいいから映える!

ただ北響太鼓は見られなかったのが気になる。
今年はなかったのかなあ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。