虹のあるところへ

およばれにあずかり、車を走らせて向かっていたら、虹が目の前に。

向かっている場所が、虹のたもとだったので、ちょっと不思議な感覚に。

その場所はストローベイルハウスになっていて、外装も内装もかなり雰囲気がある造りになっているのですが、さすがに民家なのでいろいろ載せるわけにもいかないので、その話はさておき、

我が組ははじめてだったのですが、知っている人や知らない方など入り交じりながらの談笑。というところで、たべものがどんどん登場!

撮りきれなかったけれど、いろんなものをいただきながら、

いろんな話題に花が咲き、またまたおなかいっぱい。

どれも本格的なものばかりで、造りが丁寧。しかもたくさん用意されているので、残すのがもったいない!けど、おなかには限りがある!みたいな状態で欲望と自制の間で悩める組長。

スイーツもたくさんあるし、くだものもたっぷり。

気づけばあっという間の4時間。
お招きいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。