パパスはパパスランドさっつるの中

夜、遅くなってしまった日、帰って食事というのもなあと思っていたところに通りかかった、清里の道の駅、パパスランドさっつる。

どうやらレストランの照明はついているみたいだし、以前、ここのことを話していたひとがいたことを思い出し、呼ばれているのだということで入ってみることに。

ちなみにこの日の開館時間は21時まで。
入浴施設があるからというのもあるだろうけれど、売店も営業中。

清里麦香房のパンもあるんだよな〜とか、のんびり見ていられないと、目的の場所に。

レストランパパス。

この日の営業時間はラストオーダーが20時。

駐車場で車中泊しているひとはもちろん、ここの温泉に入りに来たひとも食事をしていけるようにしているのかな。

さて、なにを頼もうかなとメニューを開いてみると、いろんなメニューがある中にところどころ「料理長渾身のの一品」とか「漆黒の醤油」とか気になるワードが。

ある程度決めて入ったにも関わらず、揺らぐ組長。

そしてテーブルにきたものはというと、

清里産のきたほなみを使った食感が独特のうどんが特徴的な、雲丹のクリームうどん(たしか886円?)と

シンプルなビジュアルのカキフライカレー(1058円)。

帰りには、やっぱりコレ。

焼酎の試飲コーナーでひっかける。
運転手は飲めませんがね……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。