カテゴリー
たべもの

斜里のラーメン屋、しれとこ来々軒

ちょっと斜里で遅くなったから、あそこかなーとか、そこかなーとかちょっと立ち寄ってみたけれど、いずれも営業時間終了か終了間際。

ふと、こんな時はラーメン屋だと思いつき訪れたのは知床斜里駅の近くを通る時に目に入っていた、このお店、しれとこ来々軒。

看板にはPM10時までという頼もしい文字が。

はいってみると、目につくメニュー。

思っていたより種類があって悩んだのだけれど、いたるところに貼ってある「クリーミーです。あっさり味です。」と書かれたとんこつラーメン(750円)と

野菜ラーメンの味噌(750円)。

あとは、小チャーハンとか小カレーとかいろいろ誘惑があるものの、やっぱりこれでしょと、(少)ギョーザ(300円)を。
ちなみにこれだけ「小」でなく「少」なのは、タイプミスでなく、張り紙にはすべてこう書かれていたから。

餃子のタレが入った状態で出てくるのは、すごく久しぶり。

ちょっと太めなのかなと思うような麺で、たべてもたべても減らないような印象の量。チャーシューは、味がついていることがはっきりわかるようなスタイルで、スープはいろいろな風味が感じられ、野菜とも合う感じ。
餃子は焼き餃子というよりは、揚げ餃子に近いような独特の味。

入るのが遅かったので、閉店近くまでいることになったのだけれど、この時間でもお客さんが入ったり出たりしているし、大きな寸胴をいくつかつかってスープを仕込んでいたりするし、もしかするとランチや晩飯時だと混んでたりするのかな〜とか思ったり。

いやしかし、遅くまで開いててくれてよかった〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。