釧路のそば屋、竹老園東家総本店

その日、釧路で用事を済ませ、なにをたべようかとなというところで思いついたのが、前から気になっていた釧路の豪華そうなそば屋さん。そこに行ってみようと春採湖の近くにあるこちら。

竹老園東家総本店に。

って、あれ?なんだか、それほど豪華じゃないような気がする……ぞ?と思ったら、こちらも竹老園東家総本店……なのだけれど、テーブル席のみの建物。

では豪華そうな方はというと、この正門(?)から入るのです。

門をくぐると豪華な庭園の向こうに建物が。

いやいや、鹿に仏像とかすごい組み合わせとか思いつつも近づいて見ると、

橋の向こうに、目的の竹老園が!

東家は前身の「やまなか」が明治初期に創業、それでこの建物は昭和初期に建てられたもの。

釧路にいくつもある東家の本家みたいなものだから、それは古いのはわかるけれど、この建物は古いだけじゃなく、広さもあり、それでいて綺麗に保たれている。

置いてあるものも、いちいち豪華。

しかも数があり、普通に置いてあるので、本物と考えていいのかどうなのかよくわからなくなるほど。

席料は300円かかるけれど、この雰囲気はそれだけの価値はあるという気持ちにさせてくれる。

この日は混んでいる感じもなく、まったりとこの空間を楽しませてもらいながら、さて何をいただくかというところで、コースあり名物とされるもの7種類あり、ほかにもいろいろあるようで、さて茶そば?蘭切り?とか考えるも、やはりまずはオーソドックスに行こうと、

ざる(800円)を。

えび天南(1030円)は、蓋付きで到着。

開けてみると、ふわっと香りが。

どちらも緑のそばだーとか思いながら食べてみると、たくさんのお店に暖簾分けしてきただけあって、納得の味わい。

他にもそば寿司(700円)もあるじゃないかと、追加で注文。

海苔の香りがしっかりある、立派なそば寿司が。
たべてみると甘酢と海苔、それに生姜と蕎麦の味わいがイイ感じ。

あとは謎の無量寿そば(870円)。

岩井の純正黒胡麻油入りと書かれたそばは、たっぷりのきざみ海苔、それにネギと卵黄が見えるのだけれど、この下には蕎麦とつゆと胡麻油があり、それらを絡めながらいただくという代物。

ちなみに、たぶんだけれど無量寿(むりょうじゅ)というのは岩井の胡麻油の油の種類。

蕎麦はいろいろ食べるけれど、こんな食べ方があるのかという驚きが。

ということで、勢いで4品ほど頼んでしまった我が組。

実は、入り口で気がついたのだけれど、かなり以前に来たことあるのではないかという記憶が。そのことをお店のひとに聞いて見たら、釧路に来てそのシチュエーションなら、他にそれができるお店はないので、その可能性は高いという話が。

次は、もっと緑が綺麗な季節に来てみたいなあ……

記憶が残っている間に(いや、思い出しましたよ!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。