超高級な珈琲、Civet coffee。

Civet とはジャコウネコという意味で、Civet coffee(シベットコーヒー)とは、ジャコウネココーヒーということ。

ジャコウネコが熟したコーヒーの実を食べて、実は消化され未消化の種の部分が腸内の酵素や細菌などの働きで発酵し、そして……その……つまり、糞から採れるわけなのですが、この工程を踏んでいることで、独特の風味を持つというわけ。

あ。もちろん、洗浄したあと乾燥し、焙煎してあるので汚くはない。

サルや象など、いろいろと動物を介した加工方法があるけれど、ジャコウネコがこういう中では日本では一番有名。な、はず。

これはフィリピン産のもので、アラミドコーヒーとかカペ・アラミドとか言われているもの。でも、日本で有名なのはフィリピンではなくインドネシアのもので、コピ・ルアクと呼ばれているものが、有名。

映画、かもめ食堂では珈琲をおいしく淹れるおまじないとして出てきたりね。

日本で購入すると場合によっては100gで15000円くらいするという、このコーヒーをごちそうしてもらえるというので、組長はさっそくこちらにおじゃま。

ビンのふたを開けて嗅いでみると、珈琲らしい香りと、焙煎してから少し経っている香りとは別に、独特な香りがしてきて、あきらかに別のものという感じ。

じゃあそれは食後にいただきましょうということで、宴が!

参加者、持ち寄りの宴で

いろいろなたべものが

どんどんテーブルに!

デザートまでもいただいちゃって、手ぶらの組長は恐縮……しながらも手と口はしっかりうごかしておりました。

ごちそうさまです!

さて料理は手ぶらでしたが、実は珈琲の抽出道具はいろいろ持ってきていて、食後のおたのしみ、シベットコーヒーを、現地の飲み方と、ペーパーフィルター、そしてネルフィルターで淹れさせてもらった。

聞いて見ると、どうやらネルで淹れたのが、いちばんよかったみたい。
ネルを持っていこうか迷ったのだけれど、持っていってよかった。

このあと、ありがたいことに、このシベットコーヒーの残りをいくらか分けてもらえた。

ありがとうございます!

せっかくだから別の淹れ方も試して見よっかな?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。