釧路の不定期パン屋さん、福ふくパン

福ふくパンというパン屋さんが、釧路にあるというのでキテミタ。

なんでも釧路市の文苑で、手作りパン教室福ふくというJHBS(ジャパンホームベーキングスクール)認定のパンと洋菓子の教室をされている方が、2017年10月から若竹町にある古布店丸福でたまにお店を開いているという。

はいってみると、古布をリメイクしたものや古道具なんかが目につき、ちょうどセールがはじまる時期だったせいなのか、お値段も手ごろなような気がすr……

って、目的はパンだった!

かわいいクリームパンやあんパン、塩バターロールにキッシュや食パンなどなど十数種類くらいのパンが並ぶ様子。

気になるパンたちをゲットしつつ、奥に進んでみると、またまた古い品物たちが。
よくみると棚の中のものまで値札が貼ってある。

いかん。物欲が。

とか思いつつ戻ろうとすると、いつのまにかレジに列が。

パンも増えてるし!ほんのりあたたかいからなのか、バジルのいい香りにつられて、こちらもゲット。

レジの奥には、並んでいる以外にもパンが用意されているみたいなので、ぱっと見、パンが売り切れているように見えても聞いてみたらいいかも。

おっと。なぜか恒例にしてしまっているクリームパンのご開帳はこんな感じ〜。

しかし、このステンドグラスといい、お店の品々といい、パン屋さんでないときも営業しているのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。