釧路市中央図書館

市立釧路図書館のさまざまな問題を解決すべく幣舞の方から北大通りの新釧路道銀ビルに移転し、新たに釧路市中央図書館としてスタートしたのが2月3日。

(↑これは1月の画像)

ということで、ちょっと訪れてみた。

エレベータでどの階にも降りることができるし、フロアの中央には広めの階段が用意されていて、フロア間の移動も便利。

面積は約1.7倍の広さになったらしく、4階は児童コーナーやファミリー読書ルームなどの家族向けが充実。他にもティーンズルームという空間もあり、図書館とは思えない賑やかさがあるスペースに。

一般的な図書はもちろん、地域的な資料や視聴覚コーナーやPCコーナー、個人学習室やグループ学習室があり、最上部の7階にはラウンジまでもあり、飲み物の自動販売機もあるので、飲みながらゆっくり釧路の街並みを眺めることもできる。

6階には釧路文学館というスペースがあり釧路文学の歴史や、作家に関する資料を展示、紹介するコーナーも。

本棚に並んでいる本は、まだまだこれから充実してくるのかなと思える感じもあるけれど、すぐに手に取ることができる周辺地域の資料についてはいろいろ興味深く、種類もあるように感じた。

ちなみに北大通りから見て建物の裏側には図書館の利用者向けに無料の青空駐車場があるので助かるわ〜。

そういえば7階から見て気になったのが、この右にある「善光堂」と左にある「けんこう堂」。

名前が似てるけど、関係あるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。