新しい川

大雨の翌日、アトサヌプリ(硫黄山)の方に用があってお出かけ。

せっかくだからと、のぞいてみると、かなりの水の流れができたのか大きな川の跡が出現してる。

火山の成分のせいか何なのか、灰色の水がながれたように見え、川をコンクリートで固めてしまったような景色に。

ちなみに水の流れがなかったところは、ツルツルのガチガチ。
これは歩いて硫黄山に近づくのは大変そうと思ったら、外国からの観光客のひとたちは楽しそうに渡ってきている。

まあそんなもんかもな。

川はいたるところにできているようで、まだそれをめざして溶けた水も集まってきている。

雪の固まりが流氷のようになっているところもあり、その異常さを感じさせるけれど、普段を知らないひとは、ただ美しい風景のように映るのだろうか。

そういえば、この蛇行した流れを見て思い出した。

この前、美幌峠を通った時に見つけた山肌のこれ。

こんなところを滑り降りる人がいるの?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。