みえる結晶、みえないつまみ。

ちょっと野暮用があって、夜、外に出てみたら道がキラキラ光っている。ということぐらいは、よくあることなのだけれど、その光っているのがいつもより大きいし、量も多い。

これはもしやと思って、接写してみると。

おお。普通に雪の結晶が撮影できた。

ちょっと拡大してみると、うん。やっぱり写ってる。

ひさしぶりにこんなに見たなあ〜。

と、そんな本日は館で大人しく……映画でも見ようと

この前、失敗に終わったネタの3D上映。

(これはまだ見えてるけれど)

3Dグラスをかけながらの視聴は、さらに視界が暗くなるので、映画のお供のビールはともかく、おつまみが見えない。

なので、こうやって画面が明るいシーンを狙ってつまむという策が必要。
いや、つまみやすいものにしておけばよかった。

え?そもそも大音量で観るなんて、うるさいって?

失礼しましたよ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。