本別の蕎麦屋さん、手打蕎麦 たじま

帯広からの帰りが遅くなったので、なにか食べて帰ろうと立ち寄った本別。麺でも食べられたらいいよねと、ちょっとした気持ちで来てみたのがココ。

手打蕎麦 たじま。
小野但馬守政次を連想した我が組ですが、それとは全く関係なさげ。たぶん。

普通のそば屋さんを想像していたのだけれど、なんだかモダンな造り。インテリアなどもこだわっている部分があるように感じる。

座敷もあり。

よく見ると十割手打細打ち蕎麦とあり、テンションアップ。

オーダーしたのはざる(700円)……と、思ったけれど豚丼セット(950円)というのが目につき、それと

親子の卵と鶏の火の入り具合がやさしい、親子そば(900円)

豚丼も蕎麦も意外にボリュームがしっかりあって、蕎麦は十割らしく風味がある。
セットのそばは、しっかり1人前。もり(冷)にしたけれど夏場以外はかけ(温)も選べる。

ちなみに豚丼は胡椒がかかっていないタイプのもの。でも、胡椒が添えられていて、好みでかけるというスタイル。

そば湯は必要であれば声をかけてくださいというようなことを書いてあったので、頼んでみたら、濃いめがいいですか?普通がいいですか?と聞かれて、とっさに「濃いめを」と言ったら、出てきたものが、本当に濃いとろっとしたそば湯。

思わず、開けてみると……

これは、濃い!が、それがイイ感じ。

夜はおつまみメニューもあるみたい。

いやあ〜本別もいろいろあるな〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。