カテゴリー
たべもの

ローストチキンの行方

最近、クリスマスにつくるローストチキンは、ターキーではなく丸鶏。いろいろ理由はあるけれど、この時期、手に入りやすいことと、ターキーだと大きくなりがちで、ほかのものも食べることを考えたらおなかいっぱいになりすぎるというのが、主な理由。

それでも残ってしまうチキンは今年、組長の手でカレーに。

残っているローストチキンを分解しながら骨ごと鍋につっこんで、つくってあったトマトソースにたまねぎを炒めたりして、手持ちのスパイスをいろいろ加えたりなんとかかんとかで、マッシュポテトなんかを加えて完成。

と、これだけ食べても、まだ余ってるので、出汁なんかをいれてスープカレー風とか。

ちょっと細かい具が多くてスープ風には見えないような気がするのはご愛敬。

素揚げは面倒なのでやめたとか、とろけるチーズとかいれたいけれど、ないので粉チーズとか適当なのが、どうなんだろうというところですが。

そういえば昨年、味噌を仕込んでいたのだけれど1年たったので、開けてみた。

見た目はみそっぽい!けれど、みそ汁にしてみると、オリジナリティある味に。
もうちょっと寝かした方がいいのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。