すずめ食堂でリセット

連日の暴飲暴食、それにこのあとも続く肉食モードに備え、おなかをリセットするため、すずめ食堂に助けを求めることに。

店内はいつもの独特の空間。アジアな感じと昭和レトロ、それにそれに……といろいろあるわりにまとまっているという不思議。

夜はまた照明が変わったテイストを醸し出してくれる。

あ。これは昼ですよ。

ということはさておき、オーダーはというと、からだにやさしそうな畑の定食を久しぶりに。

この日は、手作りテンペに新じゃがコロッケ、とうきびのかき揚げ、かぼちゃのピーナツ合え、いわしの南蛮漬に焼なすのおみそ汁。えらべるご飯は、玄米をチョイス。

そしてトムヤムフォー、おかず付。

100円プラスでおかずが付くのだけれど、フォー以外のこれが100円ってオトク感たっぷり。
というか、これを知ってて誘惑に負けてしまう我が組は、はたして身体をリセットできたのかという点は、あえて考えないこととする!

この日は入り口の方から見える紅葉が綺麗だったので、食後は摩周湖第3展望台の方にも。

川湯温泉の方を見てみると、硫黄山の向こうにある屈斜路湖がやけにハッキリ見えた。
紅葉の季節到来ですな〜。

ちなみに、すずめ食堂も葡萄色の週末(えびいろうぃーくえんど)にも参加していて、特別メニューは摩周ポークのパテ・ド・カンパーニュしょっつる風味という、どんな味が実に興味があるメニュー。

うーん。来てみたいな〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。