奥芝商店標茶基地

かなり前に挑戦したけれど、かなりの混み具合で入店できていなかった標茶にあるスープカレーのお店、奥芝商店に再チャレンジしようと来てみた。

が、昼前に到着したにも関わらず、もう満席で何組か待っている状態。
でも、今回はこれくらいは想定の範囲内と、電話番号を伝えて、近くのポケストップを巡回して戻ってきたら、まるで見ていたかのように電話が。

店内は、本当にふつうの民家を改装したつくりで、昭和の雰囲気を残しながらも床などは板張りに変えたり、その時代のアイテムを随所に置いていたりして、

見ていて楽しい。

BGMも昭和。

さて、スープカレーのシステムですが、こんな感じでスープ、メイン具材、トッピング、ごはんの量、辛さの順にオーダーするスタイル。

一瞬、スープにいきなり+100円と書かれていて戸惑ったけれど、メイン具材からいくらプラスになるかの計算。

で、我が組が選んだのは、

野菜のエビスープに、一品無料というのでオクラをトッピング、ごはんは普通で辛さは5番(1180円)。と、

チキンレッグと野菜のチキンスープに、トッピングはホールトマト、ごはんは普通で辛さは4番(1280円)。

エビスープは、まるごとエビが入っているような味で、お店が「奥芝といえばこれ!」というのがわかる濃厚で特徴あるスープ。辛さ5番くらいで止めておいたのがマッチして我が組にはちょうどよかった。

チキンスープは、やさしい感じの鶏スープにちょっとした甘みを感じるもので、画像だと野菜の下に隠れているのだけれど、1本まるまる入っているチキンレッグといっしょにどんどん食べられる。

ボリュームも思ったよりあって、調子にのってトッピングやごはんを増やしていたらおなかがやばかったかも。

我が組は座敷とカウンターがある方の部屋に通されたのだけれど、テーブルとソファのある

こっちの方もおもしろそうな雰囲気。
が、しかし、お客さんがたくさんいたのでジロジロ見るわけにもいかず……

夜やっていても、おかしくない雰囲気ではあるのだけれど、残念ながら営業時間はランチタイムのみ。
イッケンヤカレーの夜コミンみたいに、夜奥芝とかないのかな?

そういえば、このお店の駐車場の隅にあったコレ。

なんだか右側に写っている細い黒いホースからずっと水が流れているみたいなのだけれど、これって何だったんだろ?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。