カテゴリー
たべもの

ひさしぶりのKING KONG

建物が倒れかかっていて隙間だらけになっていた扉の上から扉をつけるような形で、入り口が綺麗になった JAZZ HOUSE KING KONG(キングコング)に組として久しぶりに来てみた。

ちなみに以前はこんな感じ。

もともとは、弟子屈にあるココ↑に来たはずだったのですがごらんの通り見事にふられてしまい困っていたところ、こちらのネオンに誘われて来たわけです。

入ってみると視界に飛び込んでくるジャズ喫茶の雰囲気と、歪んだ建物が醸し出す微妙な違和感、圧巻のレコードライブラリにリッチな音響機器で流れる大音量のジャズがあっという間にKING KONGワールドに引き込んでくれるわけですが、この日は本当に大音量。

でも、しばらく飲んでいると、気にならないどころか、むしろ心地よくなるのが不思議。

とりあえずビールを飲みつつ、

おでん盛りと焼きそば、

それにたっぷりのI.W.ハーパーのロック。

そして胡椒が程よく効いたサラミとチーズをいただきながら、音楽と会話を楽しむ。

そういえば、この音量に負けじと大声で話す常連や地元の方々の話も興味深く、耳に入ってきてしまっては、聞いていいのか悪いのかと戸惑ったりするのですが、考えてみれば、逆も同じで、我が組の会話も相手に思われてるのかしらん?!

ということはお互い様。堂々と聞いているかなっ(違)

ところで19日から20日は根室の guild Nemuro でLAMHAUS、

別海でTimothy Marketがあるみたい。
うーむ、どちらも行きたいところですが……!

「ひさしぶりのKING KONG」への6件の返信

おお〜〜 KINGコング 最近は、弟子屈の撤退時間帯が早く訪れてみたいのですが😩 ホテル摩周も子宝が無くなってから高くなって、小型犬でも3000円 阿寒湖の良心的なホテルの利用が増えました。弟子屈は ますます宿泊から 遠い町に自らなって行くようですよねー

そこはやっぱり、がっぽり稼いでKINGKONGで豪遊でしょう!ごちそうさまです!

年金生活を考えていますので🤑 間借りさせて下さい。駅裏の豊文堂屋根修理しています。

あいにく満室です。あしからず〜。

ところで豊文堂は修理していても営業中なのですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。