カテゴリー
いろいろ

うとろ・シリエトクで気になったモノ

斜里町のウトロにある道の駅、うとろ・シリエトクの前を通ったので、ちょっとのぞいてみた。

ちょうど、北海道土産が必要なところだったので、こちらで物色。

いつも色々なものが取り扱われていて、行くたびに新しい商品があるような気がするけれど、その中からいくつかゲット。

あと、買わなかったけど気になったモノもいくつかあって、そのうちの1つがこれ。

ノースアイランドビールの SOCブルーイングとラジオ局のAIRGコラボして作ったという「北海道品質」と書かれたビール。

この日は冷蔵で持って帰る手段がなかったので、買わなかったのだけど、北海道江別産のはるゆたかを使ったクラフトビールということで、上面醗酵、南ドイツスタイル・ヘーフェヴァイツェン。アルコール度数が5%ということらしい。

ってこれって、ノースアイランドのヴァイツェンと同じような気がするのだけれど、別物なのかそれともラベルが違うだけなのか。

はてさて。

あとは、Petken bowwow(ペッケン・バウワウ)という名前がつけられた犬のおやつ。

鹿肉の顆粒みたいな食べ物みたい。

ドッグフードとかに混ぜるのかなと思ったのだけれど、噛まずに飲み込む可能性があるとか、大きさに注意とか書かれていたので、一体どうやって食べさせるのか大変興味があるなあと思った代物。

ココにはなかったけれど、アキレス腱とジャーキー(内臓肉の再成形)があるらしい。

あと、犬用としか書かれてないけれど猫はどうなんだろ。って、まあ当館には組員お気に入りの鹿肉ジャーキーがあるので、どちらでもいいのですがねっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。