きたみワッカマツリ

毎年、興味深いなあと思っていたイベント、きたみワッカマツリにとうとう来ちゃった我が組。

会場は、北見ファミリーランド。そこに隣接している北見若松市民スキー場のゲレンデが駐車場。

そこからメイン会場に続くエリアだけでも既に雰囲気が独特。

自衛隊の展示はわかるとして、スケボーを楽しんでいるひとや、DJブースにいる子供、N-VANの展示なんかも。もちろん出店もあるわけですが、まだ入り口。

エリアが8つにわかれていて、太陽、森、道、風、空、雲、虹、星とそれぞれ名前がつけられているのですが、ここは「道」というエリア。

ここから階段を下りていくと、

遊園地登場!

なーんにも考えずに来たけれど、北見ファミリーランドって営業している遊園地だって思っても見なかった(ごめんなさい)

さてメインの「太陽」は北見内外からいろいろな飲食店が集まってきているようで、

いろいろなタイプのお店がたくさん。

ステージではライブありダンスあり、ほかにもいろいろな演目がずっと行われている様子。

BAR AZZURRO(バール アズーロ)のピザなんかも目につき、まあとりあえずここらで腹ごしらえしようといろいろといただくことに。

「森」には芝生でゆっくりする人もいるけれど、身体を動かすのに、あまり見ないようなものが様々あって、スポーツができる「風」エリアなんかとあわせて、いろいろなものが楽しめる。

例えば、綱渡りみたいなスラックライン、それにボルダリングなどなど。

「空」では、こどもたち向けのものがいろいろある中に混じって、人狼ゲームが混じってたり。

さらに向こうにはライブエリアの「雲」、それに「虹」。

そこには「太陽」とはまた違った趣向のお店たちが。

まーじーかー。

お店以外にもライブペインティングや、

アツイ、音楽ライブ!

いろんな形で思い思いの楽しみ方ができるようになっていて、

おもしろい。

そもそも2日間、朝から夜まで続く会場だから、簡単に見て回れるような場所じゃないのは考えればわかることなのですが、すっかり舐めてました(2回目のごめんなさい)

奥にはキャンプ場があって、ここでキャンプをして2日間楽しむというのもアリのようで、実際やっているひとも結構いる様子。

この会場以外に、北見ファミリーランドも営業しているので、ジェットコースターなどのアトラクションも楽しめちゃうし、小さな動物園もあったりして、

きゃーとかわーとか賑やかな声も響き渡り、昭和の休日の遊園地にいる気分。

遊園地を楽しんだら、もう一度「雲」に戻って、ライブを楽しみながらの食事。

さらに「太陽」に向かいメイン会場の盛り上がりを感じて、会場をあとにしたのでした。

5回目というのだけれど、告知を見る限り年々規模が大きくなってきているような気がするし、会場もまだ空きスペースがあるみたいだし、まだまだ大きくなりそう?!

夜も見てみたいな〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。