ベイビイマンゴーとマンゴーパン

ゴールデンウイークで賑わう弟子屈にある道の駅摩周温泉に、あるものが販売されているというので、ちょっと来てみた。

いろいろな野菜や山菜、

それに行者ニンニクなんかも販売されていて、

そういう季節なんだなあと思っていたら、昨年あたり探していたコレがありましたよ。

ベイビイマンゴー。って、昨年はベビーマンゴーだったような気もするけれど、記憶違いだったかな。と思ったら、この写真の中でもベイビーとベイビイが混じっている……ということはさておき、せっかくなのでゲットゲット。

で、本来の目的はというと、こちら。

旧昭栄小学校にあるパン屋さんが作った、新作。中心にマンゴー、ハスカップ、かぼちゃの種をあしらったマンゴーコンフィチュールパン(380円)と、そばの実をイメージしたような三角形のパン、摩周湖のそば粉パン(300円)をゲット。

そば粉パンは、そのまま食べるよりも焼くと風味と食感がアップするパンで、マンゴーパンは下に隠れているクリームチーズとの組み合わせがおもしろいパン。

そんなパンの製造者欄。

天然酵母パン 〜Birth〜 と書かれているではないですか。
お店の名前が決まったのかしら?!

そうそう。ベイビイマンゴーの方はというと、どうやら普通のマンゴーより種がかなり小さいらしく、見た目のイメージよりも実がたくさんある感じ。

味はやっぱり違うのだけれど、あれだけ入っていることを考えると、これはお得かも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。