ししゃもを探して

ことしはどこかにししゃもを贈ろうと思い、釧路のししゃも漁のシーズンを待っていたのだけれど、和商市場にはなかなか今年のししゃもが並ばない。いや、正確には生のものは見かけるが少し干してから冷凍されている方を探していて、それがなかなかみつからない。

原因は海が荒れていて漁に出られなかったり数が少なかったりするみたいだけれど、我が組は月末にかけて忙しいし、これではシーズンが終わってしまう。

というところで我が組は考えた。白糠まで行けばいいんじゃない?と……で!

キテミタ!

魚かしやまかんこと、山内水産。
ちょっと前に白糠に来たときに、気になっていたのだけれど、結局ここに行き着いた。

入り口には水槽があって、ししゃもでも泳いでいるのかな?と思ってのぞいてみたら毛蟹!

しかし、これ以外には何も見あたらず、若干不安になりつつ奥に進んでみると、
冷凍ケースに並んでた!

箱入りのものと、

パックしたものが。

聞いて見ると3〜4日(たぶん)ほど漁に出られなかったらしく、ここにあるだけしかないらしく希望の組み合わせではししゃもが足りない。
ただこの日は漁に出られたようだし、揃ってから電話で確認して発送してもらうこともできるので、もうここでお願いしようということに。

とまあ、そうなると最初から電話でという話しもあるけれど……ということは、すっかり考えずにせっかくなのでと、自分みやげもゲット。

ついでだからと、帰りは道の駅恋問館にも立ち寄って一応チェック。

なんだかありそうな雰囲気。

ジビエという直球な名前の会社が販売しているえぞ鹿肉とか、

しばらくごぶさたしている毛蟹とか、いろいろ誘惑はあるけれど、ぐっとがまんして奥に進むとありましたありました。

白糠産の一夜干しししゃもが。

白糠漁協が作っているみたいなこちらの方は、かなりキッチリと真空パックされていて、かつ生っぽい雰囲気が出ているかなという感じ。

どっちがどうなんだろ?

しかし、この日は漁に出ているとはいえ、結構な時化っぷり。

どうか、無事にいいししゃもが獲れますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。