うたと二胡のしらべ

この前は、ジャズライブのお誘いをうけたけれど、今度は二胡。

川湯の森病院のロビーでコンサートが催されるというので、ちょっと病院のロビーというシチュエーションが想像できず、演奏はもちろん気になるけれど、そこも気になって訪れてみた。

到着すると、用意されている席はほとんど埋まりそうな勢い。

ほどなくして開演。

出演者はギター池間史規、二胡野沢香苗、キーボード寺嶋民哉。詳しくは書かないけれど、いろいろなところで活躍されている方々。

タイトルから勝手に二胡中心のライブとおもっていたら、前半は客席と一緒に歌ったり手拍子をするような参加型の曲を中心に進み、休憩をはさんで、後半は奏者の本領を見せてくれるオリジナル曲を中心という内容。

キーボードの奏法も興味深かったし、二胡の表現力が豊かな感じがして、オリジナル曲の演奏ももう少し聞きたいなあと感じながらも、あっというまの1時間30分でした。

帰りはこの敷地にある足湯を覗きに。

腰を下ろすところが、予想外のところにあってびっくりしたけれど、この足湯は説明によるとバイナリー発電で使用したお湯を活用しているみたいで2度ビックリ。

川湯の森病院は、温泉からのお湯を発電や病院内や寮、温室の暖房や足湯なんかに使っているみたい。

びっくりといえば、その近くにあったこのキノコ。

結構大きなキノコなんだけれど、なんてキノコなんだろ?!

あと、これ。

川湯温泉街にある川湯エコミュージアムセンターから屈斜路湖の方に抜ける道が閉鎖されているのだけれど、どうやら倒木があったようで。

かなりひどそう。

このまえの台風なのかなあ。

そんな川湯温泉街の猫さんは無事で何より。って、また新しい子猫?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。