帯広のラーメン店、パルパル亭と。

この日は組員さんの憂鬱な日。そう通院デー。

そうですよね。いやですよね。

そんな組員を病院に預けたあとは昼食だということで、おすすめされていた帯広にあるラーメン店、パルパル亭に。

もうちょっと年季が入ったような外観かなと思っていたら、新築感ある建物。
それもそのはず、2013年ごろにいまの場所に店舗を新築して移転してきたらしい。

ランチ時だし結構並ぶことになるかもと覚悟して来たら、スムーズに入ることができて拍子抜け。そのまま、お目当てのホルモンラーメン(750円)と、

パルパルラーメン(700円)をオーダー。

なんとなくリーズナブルな価格設定に見えたので、ボリュームもそれなりなのかなと思ったら、そんなことはなく量はしっかりしていて、大盛りとかチャーハンとか気軽に頼まなくてよかったと。

ラーメンはどちらも丁寧な感じなのだけれど、ホルモンラーメンは、辛味をアップして中辛にしたのだけれど、見た目の赤さでほどではなく、甘さと辛さが共存する味。じっくり煮込んだというホルモンは、えらく柔らかい。

パルパルラーメンは、50円プラスしたらチャーシューメンになるのをあとで発見。そうするとこれは肉的なものは少ないのかなあと思ったら、細めに切られたチャーシューがたくさんはいっていてびっくり。塩ベースのあんかけラーメンだけれど、あんかけのラーメンって何だかすごく久しぶりで新鮮だった。

青いニンニクも新鮮だったけど。

で、そんなラーメンをいただいていたらお店の入り口には行列が。
いやあ、はいったタイミングがよかったんだなあ〜。

デザートは二軒となりくらいにあったコチラ。

たい焼きやクレープなどのお店、とかち屋に。

オーダーしてから焼くスタイルで6分くらいで焼き上がるとのことで、しばし待つことに。

こんなものを被ってみたりとか。

お店に置いてある雑誌とか見ている間にできあがり。

薄皮系のたい焼きで、生地は心持ちパリっとした感じ。
たい夢のたい焼きに似ているかなと思ったら、やっぱりたい夢の流れのお店らしい。

薄皮も久しぶりだったかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。