カテゴリー
たべもの

リッチからリーン

ひさしぶりにパンを焼いてみようと食パン(山食)を焼いてみると、なんとなく加減とかしてみようかなという気持ちの余裕ができていたりして、ちょっとうれしかったり。

とはいっても、ホームベーカリーでやるよりは楽しいからいいかなという具合で、食感とか味は「せめて」ああなったらいいのになとか、こうなったらいいのになとかいうことを考えてしまうレベル。

ただ、できるまでの時間はかなり早くなってきので少しは上達しているのかな?!

こういう砂糖や乳脂肪とかが入っているパンをリッチなパンとか言うのだけれど、いわゆるハード系なパンはそういうものが入っておらずリーンなパンと言ったりするとのこと。

基本の素材が小麦粉と塩と水、それに酵母くらいなものだから、食事に合わせるにしても使い道が多そうだし、カロリーも低い(はず!)。

ってなもんで、試しにちょっと作ってみたりすると、意外に手軽でそれっぽい感じになるので、最近はこちらの方にシフト気味。

とはいっても、微妙な形にしかならないブールしか作ったことがないのだけれど、いずれはカンパーニュとかバゲットができたらいいなあ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。