中標津を徘徊。

ひさしぶりに TRATTORIA Naccarino (ナッカリーノ)に来てみたら。

入り口でフリーマーケットの情報をゲット。

ちょっと行ってみるかなと思いつつも覚えているか不安になりながら入店。

この日は奥の席でまったりと。

選べるランチセット(1480円)から、写真ではわかりにくいけれど、実は中に濃厚なサルシッチャがあり、その味とキノコの風味にトマトソースがマッチする自家製サルシッチャ(ソーセージ)とキノコのトマトソーススパゲティ。

セットのドリンクはホットコーヒーにして、あとはミニデザートからコーヒーと交互にいただくと両方ともイイ意味であっという間になくなるチーズケーキをオーダー。

ほかにケッパーとオリーブ、それにアンチョビという掛け合わせが特徴的なナポリ風ピッツァ(1380円)を。

さて、おなかいっぱいになってもフリマのことは覚えていたので、せっかくだから行ってみることに。

会場はしるべっとホールの

コミュニティホール。

ホールの外周に沿って、いろいろな出店者があり、使わなくなったものを格安で販売している人もいれば、

以前、カフェでもやっていたのかなと思うような品揃えのお店も。

とまあ、いろいろ目移りしながらイイ感じに物欲のボルテージがあがりつつも、残念ながらあがり切らずそのまま立ち去ろうとしたその時、

斜里のシリエトクノートの方が古本屋さんを出店しているのを発見。すっかりあたたまった購買欲にとどめをさされ、いくつか本をお買い上げ。いつも、いいものあるわ……

そうそう。ここで本を買ったら、こんなおもしろおみくじが。

ほめられるらしい。ところで先生はどこだ?

ちなみに図書館ではカレンダーの配布会みたいなのをやっていたけれど、ここは無事スルー。ことしもたくさん集まったしね。

そのあと、こうばに立ち寄って

おもったより品揃えがあり、予定以上にじぶんたち土産をゲット。

最後に残日舎で抽象画と半具象画の世界に。

抽象画などは、かなりわからない世界ではあるのだけれど、そういう我が組にもこうやって気軽に間近で鑑賞させてもらえるというのはうれしい。

しかもコーヒーを飲みながら、ゆっくりとさせていただけるなんて、

ありがたいところです。

なんて、ゆっくりしていたら日が暮れてきた!

さすがに、このまま中標津でディナーとなってはのんびりしすぎだと、あわてて帰路につく我が組なのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。