カテゴリー
たべもの 買い物

「和菓子とお茶」うつわ展

弟子屈にあるお店、器とその周辺 山椒にて、10月6日から14日まで企画展があるというので来てみた。

飛んで火に入るなんとやらという、行かなければ知らないし、知らなければ買わないのに、興味があるのでふらふらと来てしまう我が組。

今回は、最近このお店で取り扱いがあったり企画展がある作家が勢揃い。
参加の作家はこのポスターの通り、工藤 和彦(旭川)/、恒枝直豆(岡山)、加藤委(岐阜)、梶なゝ子(滋賀)森 つくし(富山)、田谷直子(神奈川)、矢沢光広(鎌倉)、矢澤寛彰(鎌倉)、船山奈月(札幌)、おじろ角物店(大分)。

あとは和菓子ということで、この真ん中にうつっている菓子も作っているニセコの和菓子工房「松風」。

いつもの店舗スペースにも、さまざまな品物が並んでいるので、まずは我が組定番品などを物色。

そしてイベントのメインスペースの方には、たくさんの器たちが……!

これだけの作家が集まると、いつもより密度が高くて、でも陳列の方法がいいのか作品がいいのか、その両方かはわからないけれど、

目移りする。

手に入れているものも並んでいるけれど、こういう使い方もあるのかと思うようなものもあったり。

ということで、ほどよく物欲が刺激され、いろいろゲットしまうのであった……

さて、お店を出るころにはランチも気になる時間帯。

ちょっとはやいので、あそこの限定10食のワンコイン日替わりランチが残ってるかな?!と思って来てみたら

ありましたありました。看板が目印のカフェうりむぅのランチ。

ということでオーダー。

食後にコーヒーをいただいていたら、ちょっとしたサービスがっ。

ありがてぇ。

ちなみに、その日のおやつはといいますと。

松風の和菓子。

きれいですな〜。

さて、山椒にはこのあともう1度行くことになるのですが、そのことについてはまたいずれ。

……いや、書かないかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。